アメリカ大豆のサステナビリティへの取り組み

  • 生態系の維持

    アメリカでは大豆生産のために、多様な生物が住む森林や湿地を農地化しません。動植物、そして土地を守ることが最大の目的ですが、収穫に悪影響を及ぼすアブラムシやバッタ、ハエなどの虫とともに、それらをエサにする様々な生物も生き残り、大豆が健康的に育つ自然のシステムを守ることにもつながるからです。そうすることで、農薬などの使用量が減り、安心でおいしい大豆を安定供給することができるのです。

    アメリカ大豆のおかげで 0 ヘクタールの 湿地が復元されました。
  • アメリカ大豆のおかげで 0 ヘクタールの 森林地が増加しました。

    土壌を守る

    農地の周囲にある森林や湿地は、洪水や土壌の浸食、流出を防ぐ緩衝帯の役割を果たします。それらを守ることで農地の健康が維持され、肥料や農薬の使用量が減り、病原体も減少します。農地から流出・沈殿する土砂を抑制し、水の品質が向上するので、湿地も復活します。さらに、輪作や被覆作物を作ることで土を痩せさせず、サステナブルで生産性の高い農地を育成できるのです。

  • 生産農家の労働環境改善

    アメリカでは、大豆生産者との健全な営農を守るために、アメリカ政府が定める労働者の健康とお福祉に関するすべての法律に従います。これにより、アメリカ大豆のサステナブルな生産体制が構築されているのです。大豆生産にかかわるすべての人々の、健康で幸せな生活を守ることが、安心でおいしい大豆を安定して提供することにつながります。

    アメリカ大豆のおかげで 0 戸超の 大豆生産農家の労働環境が守られています。
  • アメリカ大豆のおかげで 大豆生産のエネルギー使用量が 0 % 低減できました。

    生産技術の進歩

    生産手法や環境保全の継続的な改善は、より効率的で安定性の高い生産を可能にします。例えば、衛星からのGPSシステムを利用して、広大な農地への種まきや散布肥料の位置・量を正確に把握し管理することでムダを省き、作業の効率化ができます。作業時間の短縮はもちろん、農薬などの使用量減にもつながり、省エネルギーで生産性を上げることができるのです。

アメリカ大豆輸出協会は、サステナビリティに対する取り組みをより一層徹底するために
「SSAP(サステナビリティ認証プロトコル)」を開発しました。

お客様へお届けしている安心・安全をさらに進化させ、そのプロセスを保証できるように
見える化したものです。

U.S. SOY SUSTAINABILITY ASSURANCE PROTOCOL 大豆くん